2020年4月15日

弥生販売・弥生会計、クラウド化しませんか?

テレワークするなら弥生でクラウド
弥生販売・弥生会計のスタンドアロン版、ネットワーク版製品は基本的にPCやサーバーを設置してソフトをインストールするためサーバー設置場所の確保や筐体の障害、老朽化による買い替えなど、設置しても検討することが多く、悩みが尽きないのではないでしょうか。
また、サーバーを設置している場所、つまりは会社に出社しないと業務ができず、テレワークが進まないなどのお悩みもありませんか?
それら悩みの種ですが、クラウド環境に移行することで解消できることがあります。

2020年4月14日

そもそもクラウドとは?

最近「クラウド」という言葉をよく見かけるようになりました。
しかし、クラウドの言葉は聞いたことはあるが、意味まで答えられる方は限られるているのではないでしょうか?
クラウド(クラウドサービス、クラウドコンピューティング)とは、様々なITリソース(サーバー、ストレージ、データベース、ネットワークなど)をインターネット経由で利用することができるサービスの総称です。
クラウドの対義語として、サーバーやデータベースを自社で調達し、運用・管理する「オンプレミス」の概念があります。

2020年4月13日

オンプレミスとの比較

前段でのご説明通り、オンプレミスではサーバーやデータベースを自社で調達し、運用・管理する必要があります。
一方、クラウドではサーバーやデータベースを自社で調達・運用・管理する必要がありません。
その他の違いについて、以下に簡単な表をご用意しました。
オンプレミス(社内ネットワークのみ) クラウド
導入コスト × サーバーを調達する必要がある
設置のコストも発生する
サーバーの調達が不要
設置コストも発生しない
ランニングコスト コストがあまり発生しない × 利用量に応じてコストが発生
導入スピード サーバーの調達と設置に時間がかかる 数営業日で利用開始可能
拡張性 拡張するにはハードウェアの増設が必要 柔軟なサーバー拡張が可能
障害対応 × 障害対応は自社で行う必要がある 障害発生時にはクラウドサービス提供者に任せることができる
リモートアクセス × VPNやVPNルーターを用意する必要がある 機材を用意する必要なし

2020年4月12日

弥生販売・弥生会計をクラウドで運用するメリットは?

弥生販売・弥生会計を複数名で利用しようとした場合、多くのソフトではサーバー環境が必要になります。
従来はオンプレミスでの運用が一般的でしたので、サーバーを調達する必要があり導入コスト負担が大きくなりがちでした。
クラウドではサーバーを調達することなくサーバー環境を利用できるようになったため、より手軽に複数名での利用ができるようになりました。
その他にも、ご利用の弥生販売・弥生会計をオンプレミスからクラウドに切り替えていただくことで、サーバーを設置しなくとも離れた拠点間で同時接続して利用したり、在宅勤務やテレワーク・リモートワークをしたりと、インターネット環境さえあればどこからでも弥生販売・弥生会計を運用することが可能になります。

image

◆弥生販売・弥生会計をクラウドで運用するメリット

・サーバー導入に関する初期費用がかからない
・インターネット環境さえあれば、どこからでも使える(テレワークが可能)
・自社でのサーバー環境の管理・運用不要
・弥生販売・弥生会計のライセンス数に応じてサーバーの拡張が可能

2020年4月11日

弥生販売・弥生会計をクラウド化する2つの方法

弥生販売・弥生会計をクラウド化する方法として弊社では2つの方法をご用意しています。

1.DMGビジネスホスティング
弥生販売・弥生会計をクラウド上にアップロードし、インターネット経由でアクセスして利用する方法

2. Focus U 顧客管理
販売管理ソフトとクラウドサービスを連携し、それぞれの情報をシームレスに参照できるようにする方法

1.DMGビジネスホスティング
・サーバは「所有」するのではなく「利用」する

初期費用を投資してサーバーを購入する必要がなく、クラウド上のサーバーを月額料金を支払うことで利用する事ができます。

・端末が限定されない

クラウド上にのみソフトウェアが存在します。クライアント側にはソフトウェアをインストールしません。
つまり、クライアントPCに限定されることなくどんなPCからもアクセスが可能です。
これにより、出張先などでデータを参照したり入力したりすることも出来ます。

・メンテナンスの必要がない

ネットワーク製品の場合、通常Windowsサーバーが必要となります。
当社保守サービス加入の場合、サーバー環境はクラウド上に用意されメンテナンス済みの状態で提供されるので、自社でサーバー環境のメンテナンスの必要がありません。

・サーバ管理者を置く必要がない

メンテナンスの必要がないので、当然管理者も必要がありません。
煩わしい管理業務から解放されます。


サービス内容
■月額でのサービス提供(最低契約期間1年間)
■ライセンス利用料(エクセルライセンス料、RemoteDesktop CAL利用料)
■セキュリティーソフト利用料
□オプションの保守サポートご加入の場合は以下内容が含まれます。
・初期費用 ・データコンバート利用料 ・データ移行料((サーバー上へアップ)
・バージョンアップ時(プログラム更新時)作業料・PC入れ替え時対応
・電話/FAX/メールでのサポート(平日9:30~17:30)
※ソフト使用方法についてのサポートは含まれません。

クライアントPC・動作環境
■Windows 8.1(RT除く)、Windows 10
■Microsoft .NET Framework3.5(SP1)およびMicrosoft .NET Framework4.0以降

ご注意事項
■ソフトウェアは別途ご購入の必要があります。
■サービスご利用にはインターネット接続環境が必要となります。
■サービスの最低ご利用期間は1年間となります。

料金表
3ライセンス 5ライセンス 8ライセンス 10ライセンス 15ライセンス 20ライセンス
ランニング・コスト 月額
基本料金
38,350円 44,850円 54,600円 61,100円 77,350円 93,600円
オプション設定
(月額料金に加算)
保守
サポート
10,000円 12,000円 15,000円 17,000円 22,000円 27,000円
VPN
サービス(※1)
11,000円 11,000円 12,500円 13,500円 16,000円 18,500円
10GB
バックアップ
1,000円
100GB
バックアップ
4,000円
スペックアップ
(CPU+1vCPU)
5,000円
2製品目
追加
7,500円
アクセス
場所制限(※2)
4,500円

(※1)より強固なセキュリティをご希望の際にご検討ください。別途初期費用(27,000円)がかかります。
(※2)設定には固定IPが必要となりますため、外出先や自宅からのご利用はできません。

2.Focus U 顧客管理

Focus U 顧客管理は販売管理ソフトと連携し、販売管理ソフトの内容をクラウド上で集約・管理することができるクラウド型の顧客管理システムです。


簡単操作ですぐに利用
Focus U 顧客管理は、使い始めたその日からすぐに利用できます。小難しい操作マニュアルがいらないほど操作が簡単なので、パソコンが苦手な方、新しいツールに抵抗感がある方でも操作になじんでいただけます。

クラウドで共有
Focus U 顧客管理は、クラウド上でデータを管理します。社内にいない営業部員と社内の管理部員はログインしたクラウド上で情報を共有でき、個々に必要な情報を、必要なときに、必要な人へ届けることが可能です。

既存販売管理ソフトとの連携
Focus U 顧客管理は、既存のWindows販売管理ソフトと連携することで、「データ一元管理とシステム併存利用」を実現します。
名刺情報や商談日報の作成と管理にプラスして見積や売上・請求情報が付加されてシステム全体の利便性と利用範囲が向上します。

詳細はこちら 

弥生販売パートナー

弥生販売パートナー 認定証認定証

弥生教育パートナー

弥生教育パートナー 認定証認定証

弥生開発パートナー

弥生開発パートナー  

03-6824-1001 FAX/03-6862-5004 月~金(祝祭日を除く)10:00~12:00 13:00~17:00 各種お問合せお申込み