データコンバートについて

旧バージョンから最新バージョンへのコンバート、他社製品から弥生製品へのコンバートどちらも弥生導入支援センターにお任せください。

旧バージョンからのコンバート

他社製品からのコンバート

弥生へのデータコンバート

弥生会計旧バージョンからのデータコンバート

データコンバートとは

データコンバートの画像
弥生会計の旧バージョンで入力していた事業所データを最新の弥生会計で開くためには、変換作業が必要です。

この変換作業のことをコンバートといいます。

コンバートを実行するプログラムのことをコンバータと呼びます。最新の弥生会計には、旧バージョンにはない法令改正対応プログラムや追加機能のプログラムが搭載されています。旧バージョンで入力していたデータを最新の弥生会計で開いても整合性がとれるように調整するプログラムです。

弥生会計20に搭載されているコンバータでは、「弥生会計19」「弥生会計18」「弥生会計17」「弥生会計16」「弥生会計15」「弥生会計14」「弥生会計13」の事業所データまたはバックアップファイルから、弥生会計20で開くことができる事業所データを作成することができます。

弥生のあんしん保守サポートに加入していると後継バージョンの弥生会計が保守特典として無償提供されますので、保守加入ユーザーは提供された弥生会計20に搭載されているコンバータを使って自分でコンバートすることができます。

しかし自社にとって必要な時だけバージョンアップしたい等の理由で旧バージョンを長らく使用している場合は、弥生会計13以前のデータは弥生会計20に搭載されているコンバータではコンバートできません。

弥生会計20へバージョンアップし、弥生会計13以前のデータを弥生会計20で開けるようにしたい場合は、弥生導入支援センターがコンバートを代行いたします。

データコンバートとは
データコンバートの費用
データコンバートのお申込み手順
弥生会計の事業所データについて
弥生会計のバックアップの方法
弥生会計のファイルの種類
  弥生会計の拡張子一覧表
  弥生会計の各ファイルの開き方
お問合せ・ご相談はこちら

データコンバートの費用

ご利用されている弥生会計のバージョンにより複数回のコンバートが必要になります。弥生会計20へコンバートする場合の各バージョンごとのコンバート回数と事業所データ1つあたりの価格表です
ご利用製品 コンバート回数 料金
弥生会計19 1回 20,000円
弥生会計18 1回 20,000円
弥生会計17 1回 20,000円
弥生会計16 1回 20,000円
弥生会計15 1回 20,000円
弥生会計14 1回 20,000円
弥生会計13 1回 20,000円
弥生会計12 2回 40,000円
弥生会計11 2回 40,000円
弥生会計10 2回 40,000円
弥生会計09 2回 40,000円
弥生会計08 2回 40,000円
弥生会計07 2回 40,000円
弥生会計06 2回 40,000円
弥生会計05 3回 60,000円
弥生会計04 3回 60,000円
弥生会計03 3回 60,000円
弥生会計02 4回 80,000円
弥生会計2001 4回 80,000円
弥生会計2000 4回 80,000円
弥生会計forWindows95 5回 100,000円
事業所データ1つあたりの価格表です(会計期間ではありません) スタンドアロン版からネットワーク版(2ユーザーも含む)へのアップグレードのコンバートは別途費用が発生します バックアップファイルをお預かりし、コンバート後のバックアップファイルをお返しする場合の料金です 上記の料金表には訪問対応は含まれておりません

データコンバートのお申込み手順

ご相談
・まずは電話または問い合わせフォームからお問い合わせください
・費用や納期などを御見積いたします
お申込み
・専用注文書でお申込みください
・請求書をお送りします。お支払は前払いでお願いいたします
お預り
・弥生会計のバックアップファイルをUSBメモリで送ってください
お返し
ご希望のバージョンへコンバートした弥生会計のバックアップファイルをUSBメモリでお返しします
復元
・バックアップファイルを新しい弥生会計で復元してください

弥生会計の事業所データについて

データコンバートをご依頼いただく場合は、弥生会計の正確なバージョンと、事業所データの数をご確認ください
正確なバージョンを確認
弥生会計を起動し、[ヘルプ]‐[バージョン情報]をクリックします 弥生会計の画面1

「バージョン情報」に表示された製品名バージョンをメモしてください 弥生会計の画面2
事業所データの数を確認
弥生会計を起動し[開く]をクリックします
弥生会計の画面3

「事業所データの選択」に表示されている事業所データのうち、コンバートを依頼したい事業所データが何個あるか確認してください
弥生会計の画面4

弥生会計のバックアップの方法

データコンバートは弥生会計のバックアップファイルをお預かりして作業を行います。バックアップ方法をご確認ください。
弥生会計を起動し、バックアップしたい事業所データを開き、[ファイル]‐[バックアップ]をクリックします 弥生会計の画面5

「事業所データのバックアップ」に表示されている、保存場所をUSBメモリに変更してください。[参照]ボタンをクリックすると変更画面が表示されます。
弥生会計の画面6

USBメモリを選択し、[保存]をクリックすると、最初の画面に戻ります。[OK]をクリックしてください。
弥生会計の画面7

こちらは弥生会計07のバックアップファイルです。
弥生会計のバックアップファイルの拡張子は.KB○です。○にはバージョンによって異なる数字が入ります。
弥生会計の画面8

データコンバートを依頼したい事業所データが複数ある場合は、事業所データを選び直して同様の操作を行ってください。

弥生会計のファイルの種類

弥生会計のデータコンバート作業をご依頼いただく場合は、バックアップファイルをお送りください。
弥生会計の拡張子一覧表
弥生会計のファイルの種類別、バージョン別の拡張子は下記のとおりです。
  データファイル バックアップファイル 送受信用ファイル/
分散入力用ファイル
弥生会計20 KD20 KB20 KT20
弥生会計19 KD19 KB19 KT19
弥生会計18 KD18 KB18 KT18
弥生会計17 KD17 KB17 KT17
弥生会計16 KD16 KB16 KT16
弥生会計15 KD15 KB15 KT15
弥生会計14 KD14 KB14 KT14
弥生会計13 KD13 KB13 KT13
弥生会計12 KD12 KB12 KT12
弥生会計11 KD11 KB11 KT11
弥生会計10 KD10 KB10 KT10
弥生会計09 KD7 KB7 KT7
弥生会計08 KD6 KB6 KT6
弥生会計07R2 KD5 KB5 KT5
弥生会計07 KD4 KB4 KT4
弥生会計06R2 KD3 KB3 KT3
弥生会計06 KD2 KB2 KT2
弥生会計05 KD1 KB1 KT1
弥生会計04 ad8 ab8  
弥生会計03 ad7 ab7  
弥生会計02 ad6 ab6  
弥生会計2001 ad5 ab5  
弥生会計2000 ad4 ab4  
弥生会計の各ファイルの開き方
  • データファイルを開く
    弥生会計を起動して メニューバー[ファイル]-[開く]

  • バックアップファイルを復元する
    弥生会計を起動して メニューバー[ファイル]-[バックアップファイルの復元]

  • 送受信データを取り込む
    弥生会計を起動して メニューバー[ファイル]-[受信データの取り込み]

  • コンバートする(弥生会計08以降の製品)
    弥生会計を起動し メニューバー[ファイル]-[旧製品のデータを開く]からコンバータを起動させる

  • コンバートする(弥生会計07以前の製品)
    デスクトップに作成されているコンバート用のショートカットをダブルクリックしてコンバータを起動させる

コンバート以外の操作はソフトのバージョンとファイルのバージョンが異なる場合は実行できません

お問合せ・ご相談はこちら

お問い合わせ・資料請求

弥生販売旧バージョンからのデータコンバート

データコンバートとは

データコンバートの画像
弥生販売の旧バージョンで入力していた事業所データを最新の弥生販売で開くためには、変換作業が必要です。

この変換作業のことをコンバートといいます。

コンバートを実行するプログラムのことをコンバータと呼びます。最新の弥生販売には、旧バージョンにはない法令改正対応プログラムや追加機能のプログラムが搭載されています。旧バージョンで入力していたデータを最新の弥生販売で開いても整合性がとれるようにするプログラムです。

弥生販売17に搭載されているコンバータでは、「弥生販売16」「弥生販売15」「弥生販売14」「弥生販売13」「弥生販売12」「弥生販売11」「弥生販売10」の事業所データまたはバックアップファイルから、弥生販売17で開くことができる事業所データを作成することができます。

弥生のあんしん保守サポートに加入していると後継バージョンの弥生販売が保守特典として無償提供されますので、保守加入ユーザーは提供された弥生販売17に搭載されたコンバータを使って自分でコンバートすることができます。

しかし自社にとって必要な時だけバージョンアップしたい等の理由で旧バージョンを長らく使用している場合は、弥生販売09以前のデータは弥生販売17に搭載されているコンバータではコンバートできません。

弥生販売17へバージョンアップし、弥生販売09以前のデータを弥生販売17で開けるようにしたい場合は、弥生導入支援センターがコンバートを代行いたします。

データコンバートとは
データコンバートの費用
データコンバートのお申込み手順
弥生販売の事業所データについて
  正確なバージョンを確認
  事業所データの数を確認
  事業所データのデータ量を確認
  帳票レイアウタを確認(弥生販売11までをご利用の場合)
  帳票レイアウタを確認(弥生販売12以降をご利用の場合)
弥生販売のバックアップの方法
弥生販売のファイルの種類
  弥生販売の拡張子一覧表
  弥生販売の各ファイルの開き方
お問合せ・ご相談はこちら

データコンバートの費用

ご利用されている弥生販売のバージョンにより、複数回のコンバートが必要になります。弥生販売17へコンバートする場合の各バージョンごとのコンバート回数と、事業所データ1つあたりの価格表です
ご利用製品 コンバート回数 料金
弥生販売16 1回 20,000円
弥生販売15 1回 20,000円
弥生販売14 1回 20,000円
弥生販売13 1回 20,000円
弥生販売12 1回 20,000円
弥生販売11 1回 20,000円
弥生販売10 1回 20,000円
弥生販売09 2回 40,000円
弥生販売08 2回 40,000円
弥生販売07 2回 40,000円
弥生販売06 2回 40,000円
弥生販売05 3回 60,000円
弥生販売04 3回 60,000円
弥生販売03 4回 80,000円
弥生販売02 4回 80,000円
弥生販売2001 5回 100,000円
弥生販売仕入Pro2000 5回 100,000円
大富豪forWindows95/NT 5回 100,000円
弥生販売仕入forWindows95/NT ※マスタのみ 150,000円
弥生販売仕入forWindows ※マスタのみ 150,000円
弥生販売管理3 ※マスタのみ 150,000円
DOS版大富豪Ver.3シリーズ ※マスタのみ 150,000円
事業所データ1つあたりの価格表です 帳票レイアウタもコンバートする場合は別途費用が発生します バックアップファイルをお預かりし、コンバート後のバックアップファイルをお返しする場合の料金です 上記の料金表には訪問対応は含まれておりません

データコンバートのお申込み手順

ご相談
・まずは電話または問い合わせフォームからお問い合わせください
・費用や納期などを御見積いたします
お申込み
・専用注文書でお申込みください
・請求書をお送りします。お支払は前払いでお願いいたします
お預り
・弥生販売のバックアップファイルをUSBメモリで送ってください
お返し
ご希望のバージョンへコンバートした弥生販売のバックアップファイルをUSBメモリに入れてお返しいたします
復元
・バックアップファイルを新しい弥生販売で復元してください

弥生販売の事業所データについて

データコンバートをご依頼いただく場合は、弥生販売の正確なバージョンと、事業所データの数データ量帳票レイアウタの有無をご確認ください。 弥生販売のバージョンによってメニュー名が「事業所データ」ではなく、「会社データ」と表示される場合がありますが、同じものです。
正確なバージョンを確認
弥生販売を起動し、[ヘルプ]‐[バージョン情報]をクリックします 弥生販売の画面1

「バージョン情報」に表示された製品名バージョンをメモしてください
弥生販売の画面2
事業所データの数を確認
弥生販売を起動し[開く]をクリックします
弥生販売の画面3

「会社データの選択」に表示されている事業所データのうち、コンバートを依頼したい事業所データが何個あるか確認してください
弥生販売の画面4
事業所データのデータ量を確認
コンバートを依頼したい事業所データを開き[ファイル]‐[基本情報]をクリックします
弥生販売の画面5

[データ情報]をクリックします
弥生販売の画面6

データコンバートを依頼したい事業所データが複数ある場合は、事業所データを選び直して同様の操作を行ってください。
帳票レイアウタを確認(弥生販売11までをご利用の場合)
帳票レイアウタのコンバートをご希望の場合は、別途料金が発生します。オリジナルの見積書・納品書・請求書・発注書などを作成していて、帳票レイアウタのコンバートもご希望の場合はご確認ください。

帳票レイアウタの起動
Windowsのスタートボタン - すべてのプログラム - 弥生シリーズ - 帳票レイアウタ

「開く」に表示されている帳票名は青色か黒色で表示されています。
文字が青色の帳票は、弥生販売の標準のレイアウトです。データコンバートは不要です。
文字が黒色でコメントが入っている帳票は、自分で作成したレイアウトです。
このレイアウトを最新の弥生販売で使用したい場合はコンバートが必要です
弥生販売の画面7
コンバートしたい場合は、バックアップファイルをお預かりします。バックアップするために[キャンセル]をクリックします。

「帳票レイアウタ」が表示されます。[ファイル]‐[バックアップ]をクリックします
弥生販売の画面8

「レイアウトバックアップファイルの指定」が表示されます。保存場所にUSBメモリを選択し、[保存]をクリックします
弥生販売の画面9

作成できたバックアップファイルをお送りください
弥生販売の画面10
帳票レイアウタを確認(弥生販売12以降をご利用の場合)
弥生販売12以降のバージョンは2種類の帳票レイアウタが搭載されています。弥生販売11以前から搭載されている帳票レイアウタと、弥生販売12から搭載された新しい帳票レイアウタです。

新しい帳票レイアウタは事業所データにレイアウトが保存されますので、事業所データをコンバートすることで帳票レイアウタもコンバートされます。

しかし、弥生販売11以前から搭載されている帳票レイアウタは、事業所データと帳票レイアウタのデータは別に保存されています。弥生販売11以前から搭載されている帳票レイアウタでオリジナルの帳票を作成し、データコンバートを希望される場合は別途費用が発生します。

弥生販売を起動し[ツール]‐[帳票レイアウタ]をクリックします 弥生販売の画面11

「弥生販売帳票レイアウタ」が起動します
文字色が黒色の帳票は、弥生販売の標準レイアウトです(コンバートは不要です)
「帳票形式」が空白の帳票は、新しい帳票レイアウタです(事業所データをコンバートすると一緒にコンバートされます)
「帳票形式」に「販売11形式」と表示されている帳票を新しい弥生販売で使用したい場合は、コンバートが必要です
弥生販売の画面12

販売11形式と表示されている帳票をコンバートする場合は、バックアップファイルをお預かりします。販売11形式のバックアップをする場合は、帳票名をダブルクリックしてください。弥生販売11形式の帳票レイアウタが起動します。[ファイル]‐[バックアップ]をクリックしてください。
弥生販売の画面13

弥生販売のバックアップの方法

データコンバートは弥生弥販売のバックアップファイルをお預かりして作業を行います。バックアップ方法をご確認ください。
弥生販売を起動し、バックアップしたい事業所データを開き、[ファイル]‐[バックアップ]をクリックします
弥生販売の画面14

「バックアップ」に表示されている、保存場所をUSBメモリに変更してください。[参照]ボタンをクリックすると変更画面が表示されます。
弥生販売の画面15

USBメモリを選択し、[保存]をクリックすると、最初の画面に戻ります。[OK]をクリックしてください。
弥生販売の画面16

こちらは弥生販売07のバックアップファイルです。
弥生販売のバックアップファイルの拡張子は.HB○です。○にはバージョンによってことなる数字が入ります。
弥生販売の画面17

データコンバートを依頼したい事業所データが複数ある場合は、事業所データを選び直して同様の操作を行ってください。

弥生販売のファイルの種類

弥生販売のデータコンバート作業をご依頼いただく場合は、弥生販売のバックアップファイルと帳票レイアウタのバックアップファイルをお送りください。
弥生販売の拡張子一覧表
弥生販売のファイルの種類別、バージョン別の拡張子は下記のとおりです。
  データファイル バックアップファイル 環境設定ファイル 帳票レイアウタ
バックアップファイル
帳票レイアウタ
エクスポートファイル
(新)帳票レイアウタ
エクスポートファイル
弥生販売17   HB17 HE17 HLB17 HLX17 HL17
弥生販売16   HB16 HE16 HLB16 HLX16 HL16
弥生販売15   HB15 HE15 HLB15 HLX15 HL15
弥生販売14   HB14 HE14 HLB14 HLX14 HL14
弥生販売13   HB13 HE13 HLB13 HLX13 HL13
弥生販売12   HB12 HE12 HLB12 HLX12 HL12
弥生販売11   HB11 HE11 HLB11 HLX11 HL11
弥生販売10   HB5 HE5 KLB5 HLX5  
弥生販売09   HB4 HE4 KLB4 HLX4  
弥生販売08   HB3 HE3 KLB3 HLX3  
弥生販売07   HB2 HE2 KLB2 HLX2  
弥生販売06 DD9 DB9   LB9 LX9  
弥生販売05 DD8 DB8   LB8 LX8  
弥生販売04 dd7 db7   lb7 lx7  
弥生販売03 dd6 db6   lb6 lx6  
弥生販売02 dd5 db5   lb5 lx5  
弥生販売2001 dd4 db4   lb4 lx4  
弥生販売2000 ysp ysd        
弥生販売の各ファイルの開き方
  • データファイルを開く
    弥生販売を起動して メニューバー[ファイル]-[開く]

  • バックアップファイルを復元する
    弥生販売を起動して メニューバー[ファイル]-[バックアップファイルの復元]

  • 帳票レイアウタバックアップファイルを復元する
    帳票レイアウタを起動して メニューバー[ファイル]-[バックアップファイルの復元]
    (!既存状態との置き換えしかできませんので作業には十分注意してください。)

  • 帳票エクスポートファイルをインポートする
    帳票レイアウタを起動して メニューバー[ファイル]-[インポート]

  • 環境設定ファイルを取り込む
    弥生販売を起動して メニューバー[ツール]-[環境設定コンバート]-[環境設定取り込み]

  • コンバートする
    デスクトップに作成されているコンバート用のショートカットをダブルクリックしてコンバータを起動させる

コンバート以外の操作はソフトのバージョンとファイルのバージョンが異なる場合は実行できません

お問合せ・ご相談はこちら

お問い合わせ・資料請求

弥生販売パートナー

弥生販売パートナー 認定証認定証

弥生教育パートナー

弥生教育パートナー 認定証認定証

弥生開発パートナー

弥生開発パートナー  

03-6824-1001 FAX/03-6862-5004 月~金(祝祭日を除く)10:00~12:00 13:00~17:00 各種お問合せお申込み