« 2020年6月
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  
  •  
  •  
  •  
2020年6月24日

弥生ネットワーク製品購入指南書

こんにちは!
本日は「弥生ネットワーク製品」のご購入時にお客様からよくお問い合わせいただく内容をご紹介させていただきます。

kaihan.png


弥生ネットワーク製品は弥生製品を3名様以上にて同時利用いただくことができる製品です。サーバーもしくはクラウド環境を用いることにより、ご利用可能となりますが、ご導入前に確認すべきポイントがいくつかございますので、本日は以下製品を例にご紹介させていただきます。
※ネットワーク製品のご用意は「弥生会計」「弥生販売」の2種類です。
 「弥生給与」他製品でのネットワーク版のご用意はございませんので、予めご注意ください。


例 弥生会計20ネットワーク5ライセンス withSQL              ①           ②     ③


① バージョン
弥生製品は毎年の法令改正やエラー対応のため、常に製品アップデートが行われています。
バージョンは毎年の製品リニューアル時に付番されるもので、通例その年の年数がバージョンとなります。
(例 2020年版の場合→バージョン20)
弥生製品ご購入時にはその時点の最新バージョンでのご提供となります。現在旧バージョンの弥生製品をご利用の際には、ネットワーク製品ご導入時にデータコンバート作業を行う必要がございますので、予めご注意ください。


② ライセンス数
ライセンス数とは弥生製品を同時利用いただくPCの台数を指しています。最低3ライセンスからのご用意となり、ライセンス体系は5→8→10→15→20のように遷移します。
1ライセンス毎のライセンス追加は行えませんので、ご利用PCと同じ台数もしくはそれよりも多い台数でのライセンス数のご購入が必要です。またライセンスの減少も行えませんので、予めご注意ください。
※21名様以上でのご利用ご希望の際にはお問い合わせください。


③ 「withSQL」と「forSQL」の違い
弥生ネットワーク製品にて入力したデータはデータベース(Microsoft SQL Server)に保存されます。このデータベースが弥生製品に付属しているものが「withSQL」、付属していないものが「forSQL」となります。Microsoft SQL Serverのご用意がない場合、入力データの保存が行えません。そのため、弥生ネットワーク製品をご利用いただく環境にMicrosoft SQL Serverのご用意がない場合には必ず「withSQL」版をご購入ください。


本日はここまで。ご覧いただきまして誠にありがとうございます。
弥生製品のご購入やご相談はこちら


2020年5月28日

withコロナ時代の働き方~テレワークのすすめ~

こんにちは!
本日は弊社提供クラウドサービス「DMGビジネスホスティング」についてご紹介させていただきます。

public-cloud-hosting-500x500.pngのサムネール画像

5月25日、全国的な緊急事態宣言の解除が宣言されました。事態の収束に至ったわけではありませんが、宣言解除が一つの区切りとなり、活動自粛を強いられていた生活も徐々に元の様相に戻っていくことを切に願っております。

さて、コロナ禍をきっかけに数多くの企業にてテレワーク導入をご検討いただく機会が増えたことは、実際にお問い合わせいただく数の増加から実感しております。弊社では弥生製品を「場所にとらわれることなく」ご利用いただけるよう、DMGビジネスホスティング※を用いたクラウド化推進のご提案を行って参りました。弊社サービスをご利用いただくことによって、具体的にどんなケースにおいてメリットがあるのかこの場にてご紹介させていただきます。
※弥生販売・弥生会計をクラウド上にアップロードし、インターネット経由でアクセスして利用する方法


ケース1 「サーバー選びに困った場合」
従来のオンプレミス(=社内にサーバーを置く運用)にてテレワーク実施をご検討の際、準備するものが多岐にわたります。DMGビジネスホスティングは弥生製品に見合ったクラウド環境をご用意いたしますので、お客様に事前にご用意いただくものもなくとにかくお手軽です。更に最短で1週間以内にご利用開始することも可能です。
(ご契約時点での混雑状況によります。)


ケース2 「ネットワーク接続不良により製品のご利用ができなくなった場合」
テレワークを行うにあたり、ネットワーク環境を自社にて整備する場合、接続障害や動作不良が起きた際には自社で対応する必要がございます。DMGビジネスホスティング保守契約にご加入いただくことで、障害発生時弊社技術担当がお客様に代わり、復旧作業を行わせていただきます。お客様に安心してご利用いただける環境をご用意させていただきます。


ケース3 「バージョンアップ作業が必要な場合」
弥生製品は法令改正に対応するため、毎年機能の刷新やメンテナンスが行われています。
メーカー保守契約(弥生あんしん保守サポート)の特典により、最新製品がお手元に届いている場合であっても、セットアップをしなければ旧製品を使い続けることになります。DMGビジネスホスティング保守契約にご加入いただくことで、煩わしいバージョンアップ作業も弊社にて対応させていただきます。


いかがでしょうか。上記はあくまで一部のみのご紹介となりますが、
少しでもDMGビジネスホスティングのご利用をイメージしていただけますと幸いでございます。障害対応やバージョンアップ作業が有償対応になる他社サービスが多い中で、DMGビジネスホスティングはシンプルな料金構成となっていることがひとつ大きな特徴です。是非ご検討いただけますと幸いです。

本日はここまで。ご覧いただきましてありがとうございます。

DMGビジネスホスティングの詳細はこちら

2020年5月15日

弥生製品をクラウド環境で利用したい

今回はクラウド環境利用に関してのご案内です。

cloud_img01.png

突然ですが、会社でご利用中の弥生会計や弥生販売、複数名でお使いでしょうか。
1名の場合はスタンドアロン版をPC1台にインストールするだけで使えますが、複数名で使う場合は基本的にサーバー設置と構築が必要となります。

サーバーを置くには場所の確保や、初期投資などがかかり、運用するにも定期メンテナンスや数年後にはサーバー老朽化での入れ替えなど自社にシステム担当がいないと対応や検討に追われてしまう可能性があります。
 
そう言われると、複数名で使う場合は敷居が高いと感じるかもしれません。
でも、そんなことはありません!
弥生会計や弥生販売をクラウド化することで、社内にサーバー設置しなくとも複数名で利用することが可能となります。もちろん、他拠点間での同時接続や、リモートワークでの利用もできます。

<弥生でクラウドのメリット>gori0I9A3048072102408_TP_V.jpg
・インターネット環境さえあれば、どこからでも使える
 (テレワークが可能!)
・自社でのサーバー環境の管理・運用不要
・サーバー導入に関する初期費用が不要
・弥生会計・弥生販売のライセンス数に応じてサーバーの拡張が可能


当センターでご案内している「弥生でクラウド」で弥生会計・弥生販売をクラウド利用してみませんか。
デモ・説明会も実施しております、ご検討の際はお気軽にご相談ください。

弥生でクラウドの紹介ページはこちら

プロフィール画像

株式会社ディー・マネージは、弥生カレッジ(弥生(株)認定のスクール)として、弥生会計・弥生給与・弥生販売等のセミナーを開催しています。
詳しい会社概要はこちら